新機能 オンラインイベントが検索できるようになりました。オンラインイベントとして検索できるようにするには こちら をご確認ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

Oct

8

第7回Reactive Design Patterns読書会@西新宿

Organizing : TIS株式会社

Hashtag :#read_rdp_ja
Registration info

一般

Free

FCFS
4/6

Description

開催概要

「Reactive Design Patterns(Roland Kuhn and Jamie Allen著)」の読書会7回目です。

進め方

  • 事前に読書会のターゲットとなるページを読んでおく。
  • 当日は自分の担当ページ※の要約(or翻訳)をシェアしてみんなでディスカッションする。
    • ※担当ページは読書会の最後に決める
  • 発表の方法はプレゼン形式でもテキストでもOK。
  • 最後に次回分の要約を次回参加可能な人で割り振る。
  • 1回20ページ程度のペースで進めてみて、ペースは参加者に合わせて調整して行く。

今回のターゲットと分担

  • PART 1: INTRODUCTION
    • 3 Tools of the Trade
      • 3.4 Implementations That Support Reactive
        • 3.4.4 Futures and Promises ... @yugolf
        • 3.4.5 Reactive Extensions ... @negokaz
        • 3.4.6 The Actor Model ... @negokaz
        • 3.4.7 Summary ... @negokaz
  • PART 2: The Philosophy in natshell ... @ jkugiya
    • 4 Message Passing ... @jkugiya
      • 4.1 Synchronous vs. Asynchronous ... @jkugiya
      • 4.2 Event-Based vs. Message-Based ... @y_think
      • 4.3 Flow Control ... @ y_think

※前回天候の影響により開催できなかったため、前回予定していた内容をやります。

想定参加者

  • Reactive Design Patterns を一緒に読んでみたい方
  • Reactive Systemの実現方法を学びたい方
  • リアクティブ仲間と話したい方
  • 途中参加も可能

用意していただくもの

タイムテーブル

時間 内容
19:00 開場
19:15~19:30 読書会の説明、自己紹介
19:30~22:00 まとめてきた内容をシェア&ディスカッション

今後の開催予定

  • 読み終わるまで毎週木曜日に開催する予定です。

これまでの読書会

読書会 内容
第1回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 PART 1: INTRODUCTION - 1 An Illustrated Example
第2回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 PART 1: INTRODUCTION - 2 Why Reactive?
 - 2.1 Systems and their Users
 - 2.2 Reacting to Users
第3回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 PART 1: INTRODUCTION - 2 Why Reactive?
 - 2.3 Reacting to Failure
 - 2.4 Reacting to Load
第4回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 PART 1: INTRODUCTION - 2 Why Reactive?
 - 2.5 Reacting to Inputs
 - 2.6 How does this Change the Way We Program?
 - 2.7 Summary
PART 1: INTRODUCTION - 3 Tools of the Trade
 - 3.1 The Impact of Choosing Non-Reactive Tools
第5回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 PART 1: INTRODUCTION - 3 Tools of the Trade
 - 3.2 Functional Programming
 - 3.3 Responsiveness to Users
 - 3.4 Implementations That Support Reactive
第6回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 PART 1: INTRODUCTION - 3 Tools of the Trade
 - 3.4 Implementations That Support Reactive
PART 2: The Philosophy in natshell - 4 Message Passing
 - 4.1 Synchronous vs. Asynchronous
 - 4.2 Event-Based vs. Message-Based
 - 4.3 Flow Control
  • まとめ情報はGoogleドライブで参加者のみに共有
  • 過去の情報も参照できるので、途中からの参加も問題ありません。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

yugolf

yugolf published 第7回Reactive Design Patterns読書会@西新宿.

09/25/2015 13:01

第7回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 を公開しました!

Group

Ended

2015/10/08(Thu)

19:00
22:00

Registration Period
2015/09/25(Fri) 13:01 〜
2015/10/08(Thu) 19:00

Location

TIS株式会社

東京都新宿区西新宿8-17-1(住友不動産新宿グランドタワー)

Organizer

Attendees(4)

yugolf

yugolf

第7回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 に参加を申し込みました!

jkugiya

jkugiya

第7回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 に参加を申し込みました!

ythink

ythink

第7回Reactive Design Patterns読書会@西新宿に参加を申し込みました!

negokaz

negokaz

第7回Reactive Design Patterns読書会@西新宿 に参加を申し込みました!

Attendees (4)